限度額の上限

キャッシングが他の融資のサービスと大きく異なるのは、融資の上限が法律によって規定されていることです。 この融資の規制のことを総量規制と言います。 総量規制は、融資の申請をした本人の年収の三分の一を上限として融資の枠を設定する規制のことを言います。 貸金業者がどれだけお金を貸そうとしてもそれ以上のお金を提供することはできないため、必ず安全にキャッシングが出来るのです。 また、総量規制があるからと言ってお金を借りることが出来なくなるわけではありません。 実際、年収が上昇したときなどはそれを証明することによって融資の上限額を引き上げてくれる金融機関が増えてきました。 キャッシングにおける規制は安全面と消費者に対するサービスの充実差のバランスをきちんととっているのです。

総量規制には、たった一つだけ注意点があります。 それは、法律の性質上複数の貸金業者からお金を借りることが可能であるということです。 本来、一つの機関からお金を借りると他の金融機関からお金を借りることは困難となります。 しかし、総量規制が適用されるキャッシングでは融資の上限の範囲内ならばどのような形でお金を借りても構わないようになっているのです。 例えば、年収が300万円の人は100万円の範囲内で複数の会社からお金を借りることができます。 ある会社で70万円のお金を借りても他の会社から30万円のお金を借りることが出来るのです。 必要以上の融資には絶対にならないため安全なのですが、複数の業者から借りると金利にばらつきが生じてしまいます。 返済が面倒になることもあるため、その点だけ注意をしなくてはいけません。