申し込みの簡素化

急な資金ニーズに即座に対応可能というのがキャッシングカードの宣伝文句となっていますが、一昔前まではキャッシングサービスはカードの申し込みを行ってから実際にカードを受け取るまでには2週間から1ヶ月程度の時間を要するというのが一般的でした。そのため、キャッシングカードを持っていない人は、いざ急な資金ニーズが発生したのでキャッシングサービスを利用しようと思っても、カードを作るまでに時間がかかるために急な資金ニーズに対応できないというケースも多々ありました。しかし、最近はこうした手続きに要する時間は大幅に短縮化され、業者によっては申し込みをした当日にカードを発行するという所も出てきました。消費者ニーズを踏まえ、こうしたカード発行までに要する時間の短縮化の動きは今後も継続すると予想されます。

キャッシングカードの発行までに要する時間が短縮されたり、インターネット上での申し込みが可能になったりと、キャッシングカードの利便性は大幅に向上してきています。しかし、業者によっては未だにカード発行までに1週間から2週間程度の時間が必要であったり、借り入れの実行や返済を直接業者の営業店舗で行わなければならないという所もあります。すなわち、キャッシングカード業者間のサービスレベルの差は二極化しているため、カードを作る際には、業者選びを慎重に行う必要があるという事です。また、キャッシングカードで借り入れたお金に対して付される利息の金額も業者によってバラつきがあり、適用金利レートの差についてもよく注意する必要があります。